購読新聞の解約について

購読新聞の解約について

購読新聞の解約について



新聞を購読されている場合、引越しを機会に解約をするのでしたら、最低でも1か月前には新聞社の販売店に解約を申し出てください。

新聞販売店の連絡先がわからないということがあります。領収書などには書かれていますが、口座引き落としの場合は連絡先が分からなくて困ることがあるかもしれません。契約書があれば確認してみてください。確認できなければ、新聞配達員に訊いてみましょう。

連絡先がわかったら、そこに電話をかけてください。停止する日を伝えます。電話で申し出を受けた人の名前はしっかり聞いて、忘れずにメモしておきます。本当は解約承諾書などがあれば良いのですが、実際は電話や口頭で済ませることが多いのです。トラブルを避けるために解約承諾書などの書面があると良いですね。

引越し日時が決まったら、引越し予定日で配達を終わりにしてもらいます。引越しの前に料金は日割精算します。引越し先で同じ新聞を購読したい場合、その地域の新聞販売店に申し込むことが一般的です。しかし、私の場合ですが、引越し前の新聞販売店から引越し先の新聞販売店へ連絡してくれました。とりあえず問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。それからインターネットで新聞購読の手続きができるところもあるようです。

引越しを機会に新聞購読をやめる方も多いそうです。テレビ番組はテレビで見れますし、最新のニュースはインターネットで見れますから、新聞はあまり必要がなくなったと考える方も多いのでしょう。

しかし、知らない町に引越しをしたばかりで不安に思うこともあると思います。そういうときに新聞チラシで町の情報がわかったりします。スーパーや商店の特売などは、新聞折り込みチラシでないと、なかなかわからないものです。新しい生活に慣れるまでは新聞の購読を続けてはどうでしょうか。きっと役に立つと思いますよ。