車庫証明の手続きについて

車庫証明の手続きについて

車庫証明の手続きについて



車を保有している人が保管場所を確保していることを証明するものを車庫証明といいます。これは保管場所法で義務付けられていることです。手続きは自動車の保管場所がある地域を管轄する警察署で行います。引越しなどで住所変更する場合、車庫証明が必要です。


取得条件

○使用する本拠地(個人では住所地、法人では事務所所在地)から直線距離で2km以内に自動車の保管場所があること。

○収納するのは自動車全体であること。

○支障なく道路から出入りできること。

○自動車の保管場所として自動車の保有者が使用する権原を有していること。


このすべての条件を満たしていれば、保管場所として認められます。


車庫証明書(自動車保管場所証明書)は不備がない場合、約1週間ぐらいで交付されます。


車庫証明書申請の必要書類

○自動車保管場所証明申請書(軽自動車の場合は、保管場所届出書)

○保管場所の所在図と配置図

○保管場所使用権原疎明書面(自己所有の土地に駐車する場合)

○保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りる場合は、駐車場賃貸契約書のコピーでも良い場合があります)

○収入印紙

○印鑑証明書または住民票

○印鑑


手続きの仕方

○自動車の保管場所のある地域を管轄する警察署へ行って、手続きします。

○書類に不備がなければ、車庫証明を受け取れる日が書いてある書類を受け取ります。警察署により、口頭で伝える場合もあります。

○交付日に警察署へ行って、車庫証明を受け取ります。