郵便局の転送サービス

郵便局の転送サービス

郵便局の転送サービス



引越しが決まったら、忘れずに郵便局で転居届のハガキを貰ってください。近くの郵便局で良いのです。転居届のハガキに必要事項を書いて、捺印してポストに投函します。この手続きをすると、旧住所への郵便物を新住所に無料で送ってもらえます。引越し後の1年間、転送してもらえます。もう1年、無料で転送してもらいたい場合は、もう一度郵便局に転居届を出せば、また1年間送ってもらえます。ですから最長2年間転送してもらえるサービスなのです。

そして、郵便貯金や簡易保険加入者は、同時に住所変更も手続きしておきましょう。

転居先が決まったら、早めに手続きをしましょう。転送サービスの手続きは郵便ポストへの投函のほか、郵便局で直接手続きしたり、インターネットで受け付けしてくれます。

近くの郵便局で手続きするなら、旧住所の近くの郵便局窓口に行きましょう。個人でしたら、本人・届出人の運転免許証、健康保険証などの本人確認ができるものと印鑑を持っていきます。会社や団体などでしたら、社員証、健康保険証などの会社・団体と届出をする方との関係が分かるものを持っていきましょう。

ポストへ投函する場合でしたら、転居届を書いて、ポストに出してください。切手はいりません。

配達のとき、郵便配達員が訪問することがあります。転居の事実確認のためです。なるべく旧住所の近くの郵便局に送るようにしましょう。他の住所地でも届出はできますが、転居処理の手続きに日数か少しかかってしまうこともあるのです。

ところで、転送サービスの手続きをされていても、新住所に届けられないこともあります。カードなどは転送不可の配達記録郵便なので、新住所には届けられないのです。