冷蔵庫の引越し

冷蔵庫の引越し

冷蔵庫の引越し



引越しで搬送するときに荷物を破損されることがあります。電化製品や大きな家具などは破損しやすいですが、引越し業者の扱い方が悪いからとは限らないのです。引越しを依頼する人も破損させない工夫をすると、ガッカリするようなことがなくなると思います。

冷蔵庫の引越しは、注意事項を守りましょう。守らなければ、壊れてしまうかもしれません。注意事項をしっかり守り、壊れないように注意しましょう。

引越しの数日前から、冷蔵庫の中が空になるようにしなければなりません。引越しの前日には完全に空にしてください。そして寝る前にコンセントを抜きましょう。冷蔵庫は箱のようなものと、中に物を入れておかないようにしてください。冷蔵庫から出した食品を運ぶときには、他のものと同じ箱や袋に入れないでください。これは臭いが移らないようにするためです。保冷剤の入った入れ物に入れてください。


冷蔵庫の引越しに注意すること

○氷を自動製氷機で作っているのなら、必ず溶かしておいてください。氷用の水が残っていたら捨ててください。そして下部にある蒸発皿の水を抜きますが、通常この水抜きは引越し業者がしてくれます。古い冷蔵庫は霜が溶けて水が出るので、霜とりをしなくてはいけません。そのために前日にコンセントを抜いておくのです。


○冷蔵庫を搬送するとき、必ず縦にして運びます。横積みで運搬すると、圧縮機の中にある冷凍機オイルが冷却システム内に回り、故障する可能性があります。そうなったら、メーカーに出しても修理ができない場合があります。注意しましょう。


○ガスやオイルが安定する1時間ぐらいは電源は入れないでください。引越し先に設置したら、庫内が冷えるまで、ドアをなるべく開けないでください。庫内が冷えてから食品を入れてください。通常、冷えるまでに2〜3時間、夏だったら約10時間かかります。