国民健康保険・厚生年金保険の手続きについて

国民健康保険・厚生年金保険の手続きについて

国民健康保険・厚生年金保険の手続きについて



健康保険も引越しをするとき、住所変更の手続きが必要なのです。保険の種類により、必要な手続きが違ってきますから、確認して行うようにしてください。

国民健康保険ですが、他の市区町村へ引越しする場合、国民健康保険の資格喪失手続きが必要です。引越し前に住んでいる市区町村役場で資格喪失の手続きをするのですが、そのときに保険証と印鑑が必要です。

国民健康保険は加入手続きと喪失手続き、両方とも事由が発生した日から14日以内に届出をすることになっています。それから、どちらの届出も本人のほか代理人でも良いです。代理人が手続きするのでしたら委任状が必要になります。引越しした後に手続きしても良いのですが、転出届を出す時に一緒に手続きをする方が手間が省けて良いと思います。

次に国民健康保険の加入手続きをします。引越ししてから14日以内に新しい住所地の市区町村役場へ行き手続きします。そのときに持っていくのは、以前の住所地で発行された転出証明書、印鑑、免許証・パスポートなどの身分証明書です。

同じ市区町村内で引越しするのでしたら、引越ししてから14日以内に、市区町村役場へ行って国民健康保険の住所変更手続きをします。そのときは保険証と印鑑が必要です。このように同じ市区町村内の引越しの場合は、住所変更だけですみます。

職場などでの健康保険の住所変更の届け出ですが、会社が手続きします。職員の住所が変わったら、厚生年金保険の被保険者住所変更届けを事業主が社会保険事務所に提出します。ですから会社に住所変更の届けを出せば、手続きしてくれます。詳しいことは、会社の保険担当に確認すると良いでしょう。