新住所の賃貸契約について

新住所の賃貸契約について

新住所の賃貸契約について



新しい引越し先が賃貸の場合、貸主と賃貸契約を結ぶことになります。部屋を見せてもらい気に入って、部屋を借りたいと思ったら、入居を申し込みます。

部屋を借りたいという意思表示が入居申し込みですが、申し込みをしたから部屋が借りられるというわけではありません。申し込みの後、入居申込者や連帯保証人について簡単な審査が行われます。そして貸主や不動産管理業者が問題なしと判断した場合に正式に貸すことになります。そして賃貸借契約を結びます。

不動産管理業者や物件によって入居申込書の形式は違いますが、一般的に現住所、職業、年収、年齢などを書いて提出するようになっています。連帯保証人については前もって聞いておいて、部屋が見つかったら、すぐに入居申し込みができるようにしたいものです。

賃貸で契約成立の前に入居申し込みをするためにお金が必要です。預かり金、申込金などといった名目です。これらのお金は審査が通ったら、契約するときに払う契約金の一部に充てられるお金です。ですから、もし審査に通らないとか、審査に通ってもキャンセルするときも全額返金されなければなりません。キャンセルした場合、戻ってくるのかなどを確認した方が良いでしょう。それから預けた際は領収書を受け取りましょう。キャンセルした時にお金が戻ってくるのなら、そういう約束の書面も貰う方が良いと思います。

不動産の賃貸借契約は、重要事項の説明と同日や後に行われることが多いです。その内容も重複することが多いです。しかし、契約書にだけ記載されているようなこともありますから、わからないことなどがあれば、その場で質問しましょう。十分理解した上で契約書に印鑑を押さなくてはいけません。

不動産の賃貸借契約のとき、貸主、不動産管理会社、物件により、契約に立ち会う人は特に決まっていません。しかし、一般的には貸主か不動産管理会社と借主が行います。契約の時には、入居者全員の住民票、印鑑、本人確認症、収入証明書、在籍証明書が必要です。