書斎の荷造り

書斎の荷造り

書斎の荷造り



書斎には本、書類や文具など、いろいろ置いてありますね。パソコンや周辺機器などもあると思います。

段ボールに詰めるのは、あまり使わない本、書類や文具などから少しずつ始めましょう。本などは結構重くなってしまいますから、詰め過ぎないようにしましょう。あまり詰めると、底が抜けてしまいます。あまり重くならないようにバランスをとります。例えば下側に本を、上側に軽いものを乗せると良いでしょう。

荷解きのことを考えて、荷造りすると良いですよ。例えば、本は棚から一掴みして、箱に入れます。そうすると荷解きの時にそっくりそのまま棚に戻せます。この方法はとても楽で良いですよ。

読まない本はリサイクルショップに出すか、廃品回収に出しておきます。こうすると荷物も少なくなりますね。

アルバムやノートなどは寝かせて重ねます。文房具などは、段ボールに入れる時に、新聞紙などを使って、引き出しごとに仕切ります。そうすると、あとで荷解きが楽ですし、便利ですね。

引越し業者が梱包してくれるのは、本棚や机などの家具、パソコンです。しかし、パソコンは精密機械ですから、自分で運べるようでしたら、そうした方が良いと思います。

ハードディスクなどの電子部品やメモリ装置は、バックアップを取っておきます。振動などで壊れてしまうことがありますからね。

ソフトが起動しない、データが飛んだなどの内的要因やソフト面の保障は引越し業者ではしません。パソコンは破損の判断がつきにくいので、ノートパソコンやデスクトップの本体は、出来たら自分で運ぶようにします。

配線にはひとつずつにテープを貼って、番号をつけておきます。そうすると、どこに差してあったかがわかりやすいです。

液晶でもブラウン管でも、画面はとてもデリケートです。画面に段ボールを当てておくと、運び出す時に安心ですね。

パソコンは動かすたびに、耐久性が弱くなるものです。できるだけ気を付けて、扱うようにしてください。